洗顔後に肌がつっぱる、保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまう、そんな場合には化粧品から、見直してみるのが良いかもしれません。

乾燥対策でまず重要となるのは、お肌にしっかりと水分をおぎなうこと、そして保湿成分を配合した製品を選ぶことでしょう。

乾燥肌向けの化粧水には、コラーゲンやヒアルロン酸など保水性の高い成分が含まれており、お肌の水分を保つ働きがあります。洗顔をしたあと、肌のつっぱりを感じてしまう前に、なるべく早く乾燥肌用の化粧水をたっぷりなじませましょう。

保湿成分を肌の内側に浸透させるために、軽くパッティングなどを行なうのも効果的といわれています。ただし、乾燥しがちなお肌は、摩擦などの刺激に弱くなっているため、力を入れすぎないよう注意が必要です。肌に赤みが出やすい方は、特に注意をして、お肌をいたわりながらケアをした方が良いでしょう。乾燥肌に化粧水には、浸透率の高い保湿成分が配合されている製品も多くあります。

表面だけを保湿しても、内側が乾燥したままですと、インナードライ肌という状態になってしまいます。浸透しやすい保湿成分を配合した製品であれば、肌の内部まで成分を届けることができるため、より高い保湿効果が期待できるでしょう。
たっぷりと保湿成分をおぎなったら、再び乾燥してしまうのを防ぐため、油分のある乳液などをなじませる必要があります。内側に水分を閉じ込めて乾燥を予防し、うるおいのある健やかな素肌に導きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です